menu

ダイエットと食事

北九州市小倉南区葛原でフィットネスジム・セミパーソナルトレーニングをしているLOCOMO Fitnessトレーナーの冨永です。

今回は、ダイエットと食事についてお話させて頂きます!
昔から現在まで様々なダイエット方法が出てきましたが、中でもその手軽さや効果の高さから後を立たない「食べないダイエット」
食べないダイエットは効果が高く、続ければ1週間等の短期間で大幅な減量が可能ですが、長期的な目で見たときや健康面で見たときにデメリットが目立つダイエット法です。
今回はそんな食べないダイエットをすることでのデメリットをご紹介したいと思います。
今、食べない方法でのダイエットを考えている女性は必見です!

「食事制限ダイエットをするとリバウンドする」
これはよく聞くお話ですよね!
リバウンドとは、ダイエットをして目標の体重まで減量しダイエットをやめた後に、元の体重または元の体重以上に太ってしまう事を言います。

では食べないダイエットはなぜリバウンドしてしまうのでしょうか?
リバウンドする理由として身体が省エネモードになってしまうという事があります。
食べないダイエットでリバウンドしてしまう理由として最も大きいのが、私たちの身体の機能の1つである※ホメオスタシスという機能です。

【※ホメオスタシスとは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことで、簡単に言えば身体に入ってくるエネルギー量が少なくなった時にエネルギーをできるだけ消費しないで身体にとどめておこうとする防衛機能です。】

ダイエットをしているとある日突然訪れる「停滞期」もこのホメオスタシスが原因となっています。
食べないダイエットをしていると、身体がエネルギー消費をできるだけ節約しようとするホメオスタシス機能が働くため、エネルギーを消費できない身体すなわち代謝が悪く痩せにくい身体になってしまうのです。
そうして、ダイエットを終了した後に普通の食食事に戻っても身体はまだ省エネモードなので摂取カロリーが消費カロリーを上回るってしまう状況になってしまいリバウンドしてしまうのです。
ダイエットの目的は何なのか?もう一度よく考えてみてください。
体重の数値を減らしたいのか?見た目が美しくなりたいのか?
なりたい自分のイメージを明確に持つと、行動も変わってくるはずです。

       

ブログ一覧に戻る

ボルクバレット北九州